キャバとの違いとは? | ガールズバ―求人は女性が稼ぎまくるのにピッタリです

キャバとの違いとは?

ベッドにねている女性

楽しくガールズバ―で働き始めてもらいたいところですが、他の夜のお店との違いについても明確に理解しておきたいですよね。
だから他の夜のお店との違いをここで比較したいと思います。

まずお酒を提供している夜のお店として、キャバクラはとても有名でしょう。
ナイトワークの求人を調べていると、必ずガールズバ―の他にキャバクラ求人も見かけることになると思います。
そのためキャバクラの仕事となにがどう違うのか、気になりますよね。

お酒を提供していて、かつお客さんといろんな会話をしてあげるというのは完全に共通していることだといえるでしょう。
しかしそれ以外で大きく違うポイントが色々あります。

まずガールズバ―はバーとして営業しているだけのお店ですが、一方でキャバクラの場合はバーではありません。
ここでは必ずボックスシートでの接客となり、その際にはお客さんの横に座ってコミュニケーションを取ることになるでしょう。
つまりガールズバ―での接客とは違って、お客さんとの距離がかなり近くなっています。

そして一番違うのは、お客さんに対する接客のスタンスだといってもいいでしょう。
ガールズバーの場合はいわゆる普通の接客でOKですが、キャバクラの場合は接待というスタンスでの接客になります。
接待に関する厳密な境界線は難しいところですが、わかりやすくいうと普通の接客以上の接客が求められます。
例えばキャバクラだったらタバコを吸おうとしている人に火をつけてあげたりする必要があるわけです。
ガールズバ―ではそういう接客をする必要がありませんので、気軽に働けるのは断然ガールズバ―だといえるでしょう。